ニュース

2016年11月18日 - 同じけがなのに、なぜこんなに対応が違うのか?

ガンバ大阪のMF岡崎建哉選手が、11月6日の試合で相手選手と激突し、「脳しんとう」「鼻骨骨折」「左頬骨骨折」で救急搬送された。 http://news.livedoor.com/article/detail/122499 […]

2016年11月12日 - 脳しんとうに関するニュースや情報

脳しんとうに関する新しいニュースや役に立つ情報が次々と入ってきている。 どれも貴重な情報で1つ1つ取り上げたいが、とても間に合わないのでこちらにまとめた。 これらが正しい情報かどうかは読む人が判断し、役に立てていただけれ […]

2016年11月6日 - 脳しんとうの危険性がよく理解できるサイトを発見!

脳しんとうの危険性について、理解しやすく書かれたサイトの存在に気づいた。 「脳震盪の症状と持続時間 注意すべき脳震盪とは?」 http://sports-doctor93.com/sports-head-injury-c […]

2016年10月22日 - 全柔連が「重大事故発生と事故防止の啓発活動に関するお願い(再)」を再度通達

10月12日、全柔連が、「重大事故発生と事故防止の啓発活動に関するお願い(再)」を、全国の各都道府県柔道連盟(協会)に向けて再度発信した。 http://www.judo.or.jp/wp-content/uploads […]

2016年10月18日 - 映画「コンカッション」(脳しんとう)が10月29日より日本にて公開

アメリカ映画「コンカッション」(脳しんとう)が、ようやく日本でも、10月29日(土)より公開される。 http://www.kinenote.com/concussion/ アメフトチーム、ピッツバーグ・スティーラーズの […]

2016年10月7日 - 「学校事故対応に関する指針」についての通知内容および抜粋を資料ダウンロードページに掲載しました。

平成28(2016)年3月31日、文科省から「学校事故対応に関する指針」が通知されました。 http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/anzen/__icsFiles/afieldfile/2 […]

2016年9月24日 - 「第三者事故調査委員会」は、なぜ「柔道安全指導検討委員会」にすり替えられたのか?

5月30日に発生した市立中学校での柔道事故を受けて、群馬県館林市教育委員会は第三者による委員会を設け、9月6日に第1回会議を開いた。 http://mainichi.jp/articles/20160915/ddl/k1 […]

2016年9月13日 - 全柔連は、20年も前に柔道事故の悲惨な実態を知っていた!

慈恵医大脳神経外科医の谷諭教授著「本当に危ないスポーツ脳振盪」(大修館書店)が、先日発売された。 頭をぶつけやすい柔道において脳振盪注は非常に重要な問題なので、即通読したのだが、驚愕する一文を見つけた。 10ページ目に、 […]

2016年9月9日 - 柔道部のいじめで、同級生3人を提訴

福島県の私立高校柔道部で、同級生3人からいじめを受けてPTSDを発症したとして、損害賠償を求める訴えが福島地裁に出された。 http://www.asahi.com/articles/ASJ925VXBJ92UGTB01 […]

2016年9月9日 - 帝京大柔道部員が監督からいじめや差別を受けたと提訴  

帝京大柔道部の3人の学生が、監督からいじめや国籍による差別を受けたとして、損害賠償を求める訴えを東京地裁立川支部に起こした。 http://www.asahi.com/articles/ASJ6J4TYTJ6JUTIL0 […]

2016年8月27日 - さらに栃木県でも柔道事故が発生!!

8月7日、栃木県大田原市の市立中学校で、柔道部の1年生が頭を強打し、外傷性くも膜下出血で10日間も意識不明となる重篤事故が発生した。 朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASJ8N32B […]

2016年7月28日 - 群馬県でまた柔道事故が発生!

5月31日に群馬県館林市立の中学校で、3年生の柔道部男子部員が頭を打って急性硬膜下血腫を発症。現在も意識不明の重体になっていることが、7月20日付朝日新聞夕刊に報道された。 http://www.asahi.com/ar […]

2016年7月4日 - 柔道での死亡事故は今もなお発生し続けている!

4月25日仙台の高校で、柔道部内の試合中に頸椎と頸髄を損傷した3年生が、5月10日に死亡した。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160513_13044.html […]

2016年7月3日 - 資料を閲覧しやすいPDFに変更しました

当サイトの資料ダウンロードページで、ZIP形式で保管されていて閲覧が困難だった以下の3資料を、PDFに変更して直接開けるよう更新しました。 ・柔道死亡事故の新聞記事(1984年~2011年までの死亡事故の記事の抜き出し) […]

2016年6月20日 - イギリス柔道連盟の「(児童)保護手段のツール」Safeguarding Toolkitを和訳 

イギリス柔道連盟は、「児童保護の方針・手続き・ガイドライン」“Safelandings”(安全な着地)と、“Safeguardings Toolkit” (児童保護手段のツール)を作成している。(この二者は対になっている […]

2016年5月7日 - 朝日新聞「患者を生きる」で柔道事故による頸髄損傷が連載される

朝日新聞「患者を生きる」に、当会会員の池田歩さんが4回(5月2日~6日)にわたって取り上げられた。 「ある日突然 脊髄損傷:1 柔道の試合中首に激痛」no.3043 http://digital.asahi.com/ar […]

2016年4月8日 - 全国の中学校柔道授業で3,967件、柔道部活動では5,835件の事故が発生(2014年度)

全国の中学校での柔道授業中の事故で、医療機関を受診した件数は3,967件に上ることが、丸尾牧兵庫県議会議員の調査で明らかになった。 http://www.sankei.com/sports/news/160314/spo […]

2016年4月2日 - アメリカ元女子サッカー選手が、「脳しんとうの研究に協力するため、死後に脳を献体する」と発表

アメリカ元女子サッカー選手のブランディ・チャステイン氏が、「慢性外傷性脳症(CTE)」の研究に役立てるため、死後に脳を献体すると発表した。 複数の元アスリートが脳の献体を申し出ており、チャステイン氏は女性では2番目である […]

2016年3月27日 - NFLはフットボールと脳しんとうによる慢性外傷性脳症との間の因果関係を認めた。

NFLはフットボールと脳しんとうによる慢性外傷性脳症(CTE)との間に、因果関係があることを正式に認めた。 アメリカナショナル・フットボール・リーグ(NFL)は、競技による頭部外傷と慢性外傷性脳症(CTE)との間に因果関 […]

2016年3月27日 - Twitterをはじめました。

当会のホームページにお知らせやニュースをアップしたときツイートしますので、フォローしていただくととても便利です。 https://twitter.com/judojiko


ページの先頭に戻る