ニュース

2017年9月8日 - 加茂暁星高校野球部における死亡事故に寄せて

周囲の大人がAED(自動体外式除細動器)の使用を躊躇している間に、失われていった命がいったい幾つあるだろう…。 「運動中の心停止に関しては、AEDの普及で生存率が7年間で2倍以上に高まった」と報告されている。 学校で、中 […]

2017年8月27日 - 加茂暁星高校野球部で発生した死亡事故を問う

先月、7月21日新潟県加茂市の加茂暁星高校で、男子野球部員と一緒に野球場から学校まで、3.5㎞の道のりを25分かけて走って戻った女子マネージャーが、学校の玄関前で倒れ、意識不明の重体となった。 その後、救急搬送され治療を […]

2017年8月10日 - 運動中の心停止、生存率が2倍以上に AEDが普及

2005年、千葉県の高校で、試合形式での柔道授業中、柔道部員に倒された生徒が心臓震盪を発症した。その時、武道場の中央で全体を監視していた担当教諭は発生状況が掴めないまま現場で処置を開始し、即座に救急車を要請しなかった。 […]

2017年7月22日 - 柔道部顧問に「暴行罪」で有罪判決―手加減ということについて

柔道部員に暴力を振るってケガをさせたとして、暴行罪で7月20日に略式起訴された大分県立中津東高校柔道部元顧問に対し、中津簡易裁判所は即日元顧問に罰金10万円の略式命令を下した。 https://mainichi.jp/a […]

2017年7月9日 - 中止する勇気・中断する勇気―命が最優先

6月16日午後4時頃、大阪枚方市の市立長尾中学校で、体育祭に参加していた生徒 18人が熱中症の症状を訴え、14人が病院に搬送された。うち6人は重症だったという。 http://www.sankei.com/west/ne […]

2017年6月9日 - 夏は体育館の方が屋外より気温が高い!

夏の体育館内の気温が屋外より高くなることを、皆様はご存じだろうか。 環境省の「熱中症予防情報サイト」に、エアコンなどの空調設備がない学校の体育館では、WBGT(暑さ指数)が午後1時頃から屋外より体育館内の方が高くなって、 […]

2017年6月9日 - 大分県立中津東高校柔道部員が顧問の暴力行為に対し提訴

大分県立中津東高校柔道部員が、「部活動中に顧問教諭から暴行を受けてケガをした」として、大分県に対し2,392万円の損害賠償を求める訴訟を4月21日、大分地裁中津支部に提出した。 http://kyouikublog.wp […]

2017年5月21日 - 柔道は危険!

柔道は危険だ。いや、柔道だけでなく全てのスポーツは危険を併せ持っている。 だからこそ、どうしたら安全に楽しめるかを考えてスポーツを行わなければならない。 市教委の柔道部巡回指導に同行しているある当会会員は、「柔道でたくさ […]

2017年5月12日 - 福岡の柔道事故裁判 県が控訴

4月24日福岡地裁が「安全配慮義務に違反した」と認めて、約1億2400万円の支払いを県に命じた判決に対し、県は「学校教育における体育・スポーツ活動の推進への影響を鑑みた」との理由で、5月8日福岡高裁に控訴した。 【賠請訴 […]

2017年5月3日 - 熱中症で多くの子どもたちが倒れる季節が始まる!

昨年8月に奈良県生駒市立大瀬中学校のハンドボール部で1年生の男子生徒が熱中症で死亡した事故の外部調査委員会が、4月24日に事故調査結果報告書を公表した。 【市内中学生熱中症事故調査結果報告書】生駒市教育委員会2017年4 […]

2017年5月1日 - 校内柔道大会で四肢麻痺となった訴訟で判決

2011年3月福岡市の県立高校で開かれた校内武道大会で、クラス対抗の柔道の試合に出場した当時高校1年生の男子生徒が試合中に転倒し、畳で頭部を打って頚髄損傷を発症し四肢麻痺の重い後遺症が残った。 この裁判の判決が4月24日 […]

2017年4月2日 - アメリカの高校・大学生アメフト選手の死亡事故のレポートを和訳(CDC)

昨年11月、全国高校アメフト選手権準々決勝で関西学院の3年生が死亡する事故が発生した。 http://www.sankei.com/west/news/161118/wst1611180112-n1.html http: […]

2017年2月10日 - 防具を投げつけて生徒にけがを負わせた顧問教諭を“逮捕”

剣道部の指導中に防具を投げつけて、男子部員(当時1年)に前頭部を裂く全治2週間のけがを負わせたとして、岩手県立福岡高校剣道部顧問教諭(28)が傷害の疑いで逮捕された。 【二戸・福岡高剣道部顧問を逮捕 部員に体罰、傷害容疑 […]

2017年2月6日 - 子どもやアスリートの重篤事故を防止するための勉強会ご案内

子どもやアスリートの 重篤事故を防止するために!vol.1部活動顧問の指導が原因で我が子を亡くした4遺族(柔道、剣道、ラグビー、バレーボール)と支援者が、子どもたちやアスリートを取り巻く環境を整えることに目を向けた団体「 […]

2017年2月3日 - 国家賠償法は犯罪教師までは守らない PARTⅡ

大分県立竹田高校剣道部顧問が工藤剣太君の命を奪った事件に対し、昨年12月22日大分地裁はこの顧問に重過失があったとして、国家賠償法に基づき、県に対して100万円を当顧問に請求するよう命じる判決を下した。 【元顧問の重過失 […]

2017年1月27日 - 柔道授業で大けがをした元高校生が県を提訴

神戸で、柔道授業で骨髄を損傷した当時高校1年生だった男性が、兵庫県と同級生、その保護者に損害賠償を求めて提訴した。 https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201701/0009844 […]

2017年1月27日 - 選手の頭蓋骨内で何が起きたか

2017年1月9日付ニューヨークタイムス紙に「選手の頭蓋骨内で何が起きたか」が掲載された。 https://www.nytimes.com/interactive/2017/01/09/sports/football/w […]

2017年1月14日 - 日本スポーツ仲裁機構が帝京科学大前柔道部監督の訴えを却下

一昨年11月、帝京科学大の乙黒柔道部前部長(監督)が4年生部員を集めて「下級生を厳しく指導しろ」と指示したことにより、複数回の暴力行為が行なわれ、2年生が3年生に殴られて顎の骨を折るけがを負った。それ以前にも暴力行為が繰 […]

2017年1月14日 - 「名義貸し」って、何?

新潟県糸魚川市立中学校相撲クラブで、1年生が3年生に顔や腹を殴られて、前歯を根元から折った事件に対し、新潟県警は昨年12月15日加害生徒を傷害の疑いで書類送検した。 〔糸魚川いじめ、中3男子を書類送検 県警、顔殴り歯を折 […]

2017年1月14日 - 国家賠償法は犯罪教師までは守らない

己が振るった暴力で生徒が死のうが障害者になろうが、「国家賠償法(以後は国賠法と略す)に守られているから自分は何の責任も取らなくて済む」と考えている教師がおられたら、この判決を心して受けとめていただきたい。 2009年大分 […]


ページの先頭に戻る